その不動産投資待った
相続節税 打ち消すリスク

2013/7/24付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2015年からの相続増税を控え、不動産投資に注目が集まっている。相続財産を賃貸物件にすれば課税評価額が減り、節税につながるためだ。ただ投資にリスクはつきもの。過去に相続税対策で不動産賃貸に乗り出し、苦戦した例は多い。考えるべきポイントをまとめた。

「何のための賃貸経営だったのか」とつぶやくのは京都市に住む会社員のAさん(56)。父親(85)が約15年前、3カ所の土地に建てた貸倉庫、木造アパート、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]