地方の公立劇場 存続の危機に
バブル期に計画、乱立 改修費や人材不足 深刻

2013/7/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

バブル経済のころ次々に計画され、建てられた劇場や音楽堂。あれから約20年、改修費が乏しく、休館に追いこまれる館も。舞台芸術の振興をうたう劇場法ができた一方で、人とお金の不足に悩む地方の施設では危機が深刻化している。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]