/

この記事は会員限定です

(企業統治を考える(上))社外取締役の役割強化を

大杉謙一 中央大学教授

[有料会員限定]
<ポイント>
取締役会による社長解任に法的な問題無し
○解任が合理的かどうかは別途検討が必要に
○日本企業の「指揮」のあり方は欧米と異なる

川崎重工業の取締役会は6月13日、社長はじめ3人の代表取締役を解任した。報道によると、3人は三井造船との統合交渉を推進していたが、他の10人の取締役はこれに否定的であったという。

この解任劇について、世間の評価は分かれている。一方には、取締役会が監督機能を果たした例...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2858文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン