85万匹 東京理科大学教授 黒田玲子

2013/7/10付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

85万匹とはなんの数字だろう。ノーベル化学賞を受賞した下村脩先生が、光る原因物質、緑色蛍光タンパク(GFP)の解明に使ったオワンクラゲの数である。成長すれば10センチメートルくらいになるということだから、どれほど大変な研究であったか……。休暇には家族総出でオワンクラゲをバケツにとり、よく光るクラゲの縁部分だけを切り取るリング・カッターなる道具も作ったとノーベル賞受賞講演で話されていた。

オワンク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]