/

この記事は会員限定です

情報開示に悩む革新機構

[有料会員限定]

国の経済対策として様々な官民ファンドが乱立するなかで、運営状況のチェック体制が課題となっている。2009年に創設された官民ファンドの「先輩格」である産業革新機構への風当たりも強まってきた。

6月に首相官邸で開かれた官民ファンドを検証するための非公開の委員会。ある民間委員が投資案件ごとの収益開示を求めたのに対し、機構の担当者は「守秘義務がある」として突っぱねたという。委員会の関係者は「税金で資金を運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り334文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン