(1)「即戦力」の燃料備蓄

2013/7/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

瀬戸内海を臨む愛媛県今治市の波打ち際。そこから地下に180メートル掘り進むと、10階建てのマンションが縦にすっぽり収まる巨大な空間が出現する。

総延長1.4キロメートルのこのトンネルの正体は、世界最大の液化石油ガス(LPG)備蓄基地だ。今年に入り愛媛県と岡山県で相次ぎ基地が完成し、LPGの充填が始まった。構想から20年。全国5カ所で40日分を蓄える体制がようやく整った。

家庭や業務用燃料のLPG…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]