(ファンドの実像(下))「結い2101」(鎌倉投信)
小型株に光、長い目で 投資家・経営者 対面の機会

2013/7/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

鎌倉投信が2010年から運用する「結い2101」。社会に貢献する企業を選び、投資を通じて応援する運用を基本理念としている。それが長い目で見て投資収益にもつながると共感する個人投資家の支持を集めている。保有株の多くは小型株。投資家と企業経営者がふれ合う場も橋渡しし、顔の見える関係で長期投資を目指している。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]