/

この記事は会員限定です

(登場)厚労次官 村木厚子氏(57)

2度の試練を経て胆力

[有料会員限定]

「なんとかなるよ」。同僚が悩んでいれば必ず声をかける。この言葉は彼女の人生そのものかもしれない。20代の時に交通事故で重傷を負い、郵便不正事件では無実の罪に問われた。「試練と奇跡を2度も味わっている人はいない」(後輩官僚)。田村憲久厚労相に「けんかができる相手」と言わしめる胆力を養った。

直近は不正受給対策など生活保護制度の見直しに取り組んだが、通常国会で法案は廃案に。人事の発表前日の夜、法案成立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り282文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン