(成長戦略を問う―女性活用(上))保育所整備を最優先に
宇南山 卓 一橋大学経済研究所研究員

2013/6/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
<ポイント>
○保育所の整備は出産と就業の両立を可能に
○待機児童数は保育所整備の状況と相関薄い
○「待機児童ゼロ」目標は政策をゆがめる恐れ

安倍晋三首相は「女性の活躍」を成長戦略の中核とした。その具体的対応の第1が「待機児童解消加速化プラン」と名付けた保育所の整備だ。本稿では、筆者の経済産業研究所での研究に基づきこのプランの是非を論じたい。

結論を先に述べれば、保育所の整備を成長戦略と位置づけたことは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]