/

この記事は会員限定です

国際カルテル、厳罰に拍車

日本企業に罰金、幹部に禁錮刑 社内減免制導入の動き

[有料会員限定]

国際カルテル摘発の衝撃が日本企業を襲っている。自動車部品カルテルでは日本企業が米国で総額7億ドルを超す罰金を科せられ、幹部14人が禁錮刑を受けた。協調値上げなどで競争原理をゆがめるカルテルは重罪と認識し、防止策を徹底しないと大きな落とし穴が待っている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1510文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン