/

この記事は会員限定です

国際会計基準のイロハ(下)

売上高は「実質」重視 経常利益の項目なし

[有料会員限定]

国際会計基準(IFRS)は日本基準と比べ決算短信の構成も変わる。まず1ページ目に日本基準で見慣れた「経常利益」の項目がない。当期利益が2つあり、日本基準の純利益に当たるのが「親会社の所有者に帰属する当期利益」。さらにその右隣に「包括利益合計額」と呼ぶ項目が並ぶ。

包括利益は純利益に保有資産や負債の時価変動を加えたもの。IFRSではこれを企業の実態を示す指標として重視する。海外に資産を多く持つ企業の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン