/

この記事は会員限定です

日韓が抜けていないか

未来見据え関係再構築を 論説副委員長 池田元博

[有料会員限定]

ソウルの中心部、南山公園の中腹に「安重根義士記念館」なる建物がある。

安重根といえば、明治の政治家、伊藤博文を満州のハルビン駅頭で射殺した独立運動家だ。ときは1909年、いまから100年以上も前のことだ。

事件から5カ月後、安重根は旅順監獄で処刑される。記念館ではその生い立ちから、事件と裁判、死に至るまでを時代背景とともに展示している。

日本の立憲政治を定着させた伊藤博文は、初代の韓国統監も務めた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1521文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン