/

この記事は会員限定です

動くか北方領土問題 「等分論」日本揺さぶる

経済協力へ誘い水?

[有料会員限定]

約10年間停滞していた北方領土交渉が再び動き出す兆しをみせている。安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は4月29日の首脳会談で、交渉を加速させ、最終的な解決を目指す方針で一致。大統領は面積等分で決着した中国やノルウェーとの領土・境界画定問題にも言及した。ただ、ロシアが北方領土問題で譲歩姿勢に転じたと判断するのは早計だ。交渉加速を経済協力の誘い水にする狙いとの見方が強い。(桃井裕理)

モスクワのクレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1430文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン