(下)「オタク」頼み脱却 コンテンツ現地化急ぐ

2013/5/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2012年夏にパリで開かれた日本のポップカルチャーを紹介する博覧会「ジャパンエキスポ」。20万人が訪れ大盛況となったが、日本企業の出展を仕切るトーハンの担当者はため息をついていた。「流行が継続しない」。会期中にグッズなどの販売が伸びても、ブームを巻き起こす作品は少ないという。

輸出比率5%

個性豊かな日本のコンテンツが世界中の「オタク」と呼ばれるファンを魅了しているのは事実。米Tokyo Otak…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]