コメ卸間価格、下落広がる
東北や北陸、関東産にも 在庫の増加で放出売り

2013/5/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

コメ価格の下落基調が強まってきた。卸業者間の取引価格は東北や北陸の銘柄米で下げが目立ってきたほか、関東産コシヒカリも下落が続く。直近の高値だった2月下旬に比べ秋田産あきたこまち、茨城産コシヒカリは2.8%安い。2012年産米は高値の設定となった結果、販売不振が続いたとの指摘は多い。卸会社は在庫米の放出売りに動き、店頭価格の下落にも波及してきた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]