/

この記事は会員限定です

都市インフラ 官民一体で輸出攻勢

モスクワに提案へ 技術から運用、5年で4兆円市場

[有料会員限定]

日本の都市機能を新興国に輸出する取り組みが広がってきた。政府はロシアに対し、効率的な交通網や環境対策などを進めた日本の都市インフラの輸出を提案。安倍晋三首相の4月下旬の訪ロに合わせて本格的に売り込む。横浜市と国際協力機構(JICA)も16日、フィリピン政府と都市整備支援で合意する。環境にやさしい日本の都市づくりをインフラ輸出の柱の1つに据える。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り804文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン