/

この記事は会員限定です

テラヘルツ波、非破壊検査で先行 医療・宇宙にも利用

[有料会員限定]

テラヘルツ波は「未開拓の電磁波」として無線通信以外の用途でも研究開発が進む。実用化に向け先行するのが非破壊検査だ。透過性を持つため、現在のエックス線に代わることができる。例えば、空港での荷物のセキュリティー装置への応用が期待されており、東北大学などは成田国際空港で実証実験をした。米国では導入も始まっている。

住宅や橋など建造物の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン