/

この記事は会員限定です

光と電波の間・テラヘルツ波で高速無線通信

東大など、基幹技術 送信方向自在に

[有料会員限定]

東京大学などの研究チームは、電波のような性質をもつ「テラヘルツ波」を使って無線通信を実現するための基幹技術を開発した。従来難しかったテラヘルツ波の送信時の制御に成功、さまざまな方向に自在に送ることができた。電波の代わりに利用できれば、スマートフォン(スマホ)の通信速度を100倍高速化することが可能。2020年を目標に各種携帯端末に組み込める小型送信機の実用化を目指す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り618文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン