/

この記事は会員限定です

(43)「もはや戦後ではない」(1956年) 自立促した警句

経済白書に威光があった

[有料会員限定]

かつては白書といえば経済白書を指した。いつのころからか、夏の盛りに世に問うのが慣例になり、経済白書は夏の季語として歳時記にものった。読み手の心をつかむ描写で国民と企業経営者に経済のいまを説く。白書が威光を放った時代があった。

世の受けとめと執筆者の意図との間に、これほどのずれが生じたことばも少ない。「もはや戦後ではない」。だれもが耳にしたことがある名句は、1956年(昭和31年)の白書の結語に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1784文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン