政策研究大学院大アカデミックフェロー 黒川清さん 「出る杭」が日本を変える(1)

2013/3/4付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他
  東日本大震災が発生した2011年の12月8日、憲政史上初めて国会の下に独立の調査機関「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会」が発足した。委員長に就任した政策研究大学院大学アカデミックフェローの黒川清さん(76)は、衆参両院議長に報告書を提出する翌年7月5日までを「怒とうの7カ月」と呼ぶ。

震災発生直後、福島で原発事故が起きたと聞いて「これは国際問題になる」と直感しました。世界第3位の経済大国…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]