/

この記事は会員限定です

世界でも平然と勝つ姿を

[有料会員限定]

卓球の試合を見ていると、アクションの派手な選手とそうでない選手がいて、その対比が結構面白い。

派手な選手の代表は大矢英俊(東京アート)で得点を挙げることに、「チョー」とか「オー」とか雄たけびを上げてにぎやかだ。福原愛(ANA)も「サー」で有名になった。卓球を「台を挟んだ格闘技」と表現する人がいるのもうなずける。

クール派としてはまずロンドン五輪代表の岸川聖也(スヴェンソン)だろう。ガッツポーズも小...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り582文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン