慢性疲労症候群「重いだるさ 病態知って」
患者が自助団体、実情訴え

2013/1/21付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

重いだるさが続く慢性疲労症候群(CFS)の病態を知ってほしい――。岐阜県で雑誌のモデルとして活動する患者の塚本明里さん(22)が自助グループを立ち上げ、病気への理解を訴えている。母親の協力でホームページも開設。病名から「寝れば治る」と偏見を受けることも多いといい「病気で発信できない他の患者の分も実情を伝えたい」と活動を広げている。

「(妖怪の)こなきじじいが一日中体に乗っている」「体を脱ぎたい」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]