/

この記事は会員限定です

中国進出ブーム、3度の波

[有料会員限定]

日本企業の中国進出には大きな波があった。最初は1980年代半ばの対外開放政策による進出増加で、繊維など軽工業分野が多かった。

次は90年代前半。電機メーカーなど製造業の進出が相次いだが、90年代後半のアジア金融危機後に減った。3度目は、2001年に中国が世界貿易機関(WTO)に加盟した後で、規制緩和と市場開放を背景に進出が再び急増した。

日本からの直接投資は金融と自動車の大型投資が相次いだ05年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン