2019年1月24日(木)

(34)宅急便誕生(1976年) 運送業の常識壊す 机2つで始めた「官から民」

2013/1/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

宅配便が便利な社会的インフラとして定着して久しいが、第1号の「宅急便」を大和運輸(現ヤマトホールディングス)が始めた時は冒険だった。しかしたちまち普及し、官から民への流れを先導した。当時社長の小倉昌男の常識破りの発想のたまものだ。

「最初の1週間は、預かる荷物はほとんどゼロでしたね。私は営業で外に出ますが、店に残る女性の事務員は1日、やることがなかった」

東京のJR中野駅近くに開いた直営店の店…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報