/

この記事は会員限定です

ノーベル経済学賞の系譜、知見活用へ新分野を開拓

堀雅博 一橋大学教授

多様化・学際化一段と 国力低下、日本人受賞の壁

[有料会員限定]
<ポイント>
○選考基準の変化で4つの時代に区分できる
○分野の代表者や創始者に授与する傾向顕著
○米国学会で認知されていないと受賞難しい

2012年のノーベル経済学賞は、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のロイド・シャプレー名誉教授と米ハーバード大学のアルビン・ロス教授に授与された。「マッチング(組み合わせ)理論」とその応用分野である「マーケットデザイン(理論に基づく制度設計)」の実践に関する功績が評価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン