/

この記事は会員限定です

米の量的緩和第3弾 狙いは?

住宅需要刺激、雇用も回復 物価上昇の副作用に懸念

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)が、景気てこ入れを狙った量的緩和第3弾(QE3)に踏み出す。FRBはなぜ導入に動き、従来の量的緩和と何が違うのか。見込まれる効果と弊害は。FRBや専門家の議論を整理した。

Q 量的緩和とは。

A 中央銀行国債などの金融資産を市場から買う代わりに大量にお金を供給、市場金利の低下を促す政策だ。政策金利が事実上ゼロとなり、さらに下げる余地がない場合の非常手段といえる。

Q...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン