文明 ニーアル・ファーガソン著 西洋の優位性 確立した要因を分析 〈評〉明治大学特任教授 山内昌之

2012/8/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
共有
保存
その他

 西洋文明のように「その他」を圧倒した事例は世界史に見当たらない。1500年の時点で、やがて世界に君臨する多くの帝国は地表面積の1割だけを占めていたが、1913年になると西洋の11の帝国が陸地と人口の5分の3を支配し、世界の経済生産高の4分の3あまりを支配することになった。

 中国やイスラムの文明が凋落(ちょうらく)した原因は、帝国主義の帰結といった単純なものでない。

 著者は、西洋が優位性を確立した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワードで検索

山内昌之ニーアル・ファーガソン

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 12:52
12:47
北陸 6:02
6:00
関西 16:16
12:27
中国 12:27
7:01
四国 12:27
7:02
九州
沖縄
12:25
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報