(フェンシング)太田、1点に泣く 3回戦敗退
延長戦 世界1位と激闘

2012/8/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

金メダルは視界にとらえていた。初戦で宿敵を倒した太田の次の相手は世界ランク1位のカッサーラ。190センチを超える長身から突き下ろす剣は豪快だが、太田はフットワークと剣さばきで対抗した。14-14でピリオドが終わり、1本勝負の延長戦。勝利はすぐ目の前にあった。

だが、最後の1点はカッサーラに奪われた。太田は「集中力の差」と振り返る。「相手が一枚上手だった。拾えれば上までいけると思ったが、向こうも人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]