/

この記事は会員限定です

ビートルズの遺伝子(3) 思想とライフスタイル

音楽超え世界の若者共鳴  小野島大

[有料会員限定]

1980年12月8日、元ビートルズのジョン・レノンがニューヨークの自宅アパート前で射殺された。その死は爆発的な反響を巻き起こし、一説によればケネディ大統領の暗殺時よりも各マスコミの扱いは大きかった、と言われる。

自由で新しい感性

ビートルズの「現象」とまで言われた米国での大ブレイクは、ケネディ暗殺の直後だった。輝かしい未来を託すべき若き大統領を失ったアメリカ国民は、新しい時代の象徴としてビートルズを選んだのだ。

キュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン