/

この記事は会員限定です

電子書籍の多様な展開

個人による発信を活用

[有料会員限定]

4~6日の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で電子書籍の見本市「第16回国際電子出版EXPO」が開かれた。多様な企業の出展からは、電子書籍の新しい潮流が見えてきた。

多くの企業が前面に押し出していたのが、ツイッターやフェイスブックなどの交流サイト(SNS)との連携だ。電子書籍を普及させるには情報が素早く伝わるSNSの利用が不可欠、と各社は考えている。

例えば美術出版ネットワークスの「ブックピ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン