/

この記事は会員限定です

フェイスブック狂騒曲(5) ミクシィ社長の反省

[有料会員限定]

マーク・ザッカーバーグ(28)と同じ2004年2月、日本にも交流サイトを始める青年がいた。だが、気がつけば利用者数はフェイスブックの60分の1。時価総額も220分の1と突き放された。ミクシィの社長、笠原健治(36)。都内の本社で静かに語る。

「サービスの立ち上げに必死で、世界に広げる観点がなかった。反省している」。各国で通じる英語、業界に受け継がれる海外進出ノウハウ、ベテラン投資家。ザッカーバー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン