社外取締役設置の効用

2012/4/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大王製紙とオリンパスの不祥事を受け、コーポレートガバナンス(企業統治)の強化が求められている。法制審議会(法相の諮問機関)での論議にも影響を与えそうだ。

議論の焦点となっているのは、社外取締役の設置の義務化だ。取締役会に外部の視点を持ち込むことで、企業統治を強化するというのが理念とされるが、実際に機能させるのはそう簡単ではない。米エンロン事件では、経営のお目付け役であるはずの社外取締役が、結果的…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]