追加緩和後にマネー急減 「不十分?」外国人が注目 日銀「震災後の反動」

2012/4/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日銀が供給するマネーが3年7カ月ぶりに前年比でマイナスに転じ、波紋を広げている。「日銀の緩和姿勢が不十分」との見方から、3日の東京外国為替市場では円高が進む場面もあった。

マネーの量は市中に出回るお金(紙幣と硬貨)と金融機関が日銀に預ける当座預金残高の合計であるマネタリーベースで見る。3月中の平均残高は前年同月比0.2%減った。これは量的緩和解除の影響で最後にマイナスを記録した2008年8月以来…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]