/

この記事は会員限定です

若手就農者は倍増するか

[有料会員限定]

各地の農協を中心に農業関係者の間では環太平洋経済連携協定(TPP)交渉への参加に反対する声が多い。しかし、TPP問題以前に、日本の農業は深刻な担い手不足という課題を抱えている。

日本の農業就業人口は2010年で261万人と、この5年で2割強も減った。平均年齢は65歳を超す。主に農業を仕事とする基幹的農業従事者に絞ると190万人程度とさらに少なくなる。

農林水産省は現在の生産規模の維持には最低でも9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り642文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン