2019年1月18日(金)

佐久間良子(11) ヤクザの情婦 体当たりでの真剣勝負 「人生劇場」"汚れ役"に開眼

2012/2/11付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「え、ヤクザの情婦(じょうふ)?」。私は思わず聞き返した。

日本的なロマンチシズムを描いた尾崎士郎先生の小説「人生劇場」。義理と人情を貫く侠客(きょうかく)、飛車角の愛人、おとよ役を演じろと言われたのだ。命じたのは東映の東京撮影所長、岡田茂さん。

(ヤクザの世界は分からない。しかも大人の色香が漂う遊女役と言われても……)。私は黙ってうつむいていた。岡田さんは、後に東映の社長、会長などを歴任し、「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報