/

この記事は会員限定です

悪化する世界の若年雇用(2)

仏、低学歴の若者の失業率高く

[有料会員限定]

フランスの若年層の失業率は欧州のなかでもかなり高い。もともと高かった若年失業率はリーマン・ショック後に約5ポイント悪化し、2009年には22.8%に達した。現在も20%を超えて高止まりしたままだ。

フランスは学歴社会であると同時に資格を重んじる社会である。取得した資格に応じて就業可能な職業の範囲が明瞭に区分されている。資格や学位水準が就職や将来の社会的地位を決定するといっても過言ではない。

グロー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン