/

この記事は会員限定です

米ネットのIPO、昨年倍増 1億ユーザー 起爆剤

フェイスブックは年内にも

[有料会員限定]

米インターネット企業の新規株式公開(IPO)が再び増加している。2011年はオンラインゲームのジンガなど24社に達し、ネット検索最大手のグーグルが上場した04年以来の水準になった。各社は設立から数年と歴史は浅いが、既に1億人を超す利用者を確保。売上高も増加基調を維持している。ただ株価が伸び悩むなど不安要素もある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1119文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン