2019年1月19日(土)

オリンパス事件で考える市場の質

2011/11/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

オリンパスの損失隠し問題はバブル崩壊後の苦々しい記憶をよみがえらす。財テク失敗の後始末に窮した企業に、外資を中心とする金融機関が群がり、損失隠しの金融商品を売りつけてボロもうけをした、何とも浅ましく情けない光景だ。

報道によれば、オリンパスは1990年代に遡る損失隠しを続け、損失額は1千億円超に膨れあがり、M&A(合併・買収)を利用して損失を処理したようだ。租税回避地のペーパーカンパニーをかませ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報