/

この記事は会員限定です

(社説)損失隠し見抜けなかった監査法人の責任

[有料会員限定]

オリンパスが証券投資の損失を隠していた問題は、不正な経理操作の全容だけでなく、それを止められなかった監査の実態も厳しく検証する必要がある。

同社の監査は2009年3月期まであずさ監査法人が担当し、10年3月期から新日本監査法人に交代した。ともに日本を代表する大手であるだけに、海外から批判を集めやすい。日本企業全体に国際的な不信が広がるのを防ぐためにも、金融庁や日本公認会計士協会は2監査法人への調査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン