/

この記事は会員限定です

アジアの安保環境に変化 ローレス元米国防副次官寄稿

各国に防衛力強化の動き

[有料会員限定]

米国のリチャード・ローレス元国防副次官はアジアの安全保障問題について日本経済新聞に寄稿した。論文は以下の通り。

アジアにおける平和と安定の礎石として、日米同盟は過去60年間、平和維持に貢献してきた。我々はこの地域の安定に慣れ過ぎた結果、多くの努力を重ねずとも平和は維持できると思いがちだ。だが、それは幻想にすぎない。日米両国は双方の国益を守るため、最高の防衛能力を保持し、運営していく責務がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン