/

この記事は会員限定です

西岡武夫参院議長が死去 75歳

[有料会員限定]

西岡武夫参院議長が5日午前2時24分、肺炎のため都内の病院で死去した。75歳だった。10月20日召集の今国会は、口内の帯状疱疹(ほうしん)による体調不良を理由に開会式を含めて欠席していた。(関連記事総合面に

長崎市出身で衆院当選11回、参院2回。長崎新聞社論説委員を経て1963年衆院選で初当選。自民党入りしたが、76年にロッキード事件を批判して河野洋平前衆院議長らとともに同党を離党し、新自由クラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン