/

この記事は会員限定です

工作機械、海外受注が好調

[有料会員限定]

中部地域に大手が集まる工作機械業界は回復軌道に乗りつつある。中部経済産業局が発表した管内主要工作機械メーカー8社の4月の受注額は前年同月比57%増と17カ月連続で前年実績を上回り、2008年秋の金融危機直前の8割近い水準まで回復した。中国向けの受注額が2カ月連続で過去最高を更新するなど、海外の受注が好調だ。

業界最大手ヤマザキマザックの美濃加茂製作所(岐阜県美濃加茂市)。「中国や米国をはじめ海外の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン