(下)生活・働き方 変えてみる
四元正弘 電通総研ヒューマン・インサイト部長
「標準志向」から脱却 労働環境整備へ社会実験

(1/3ページ)
2011/6/28付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他
〈ポイント〉
○電力平準化が標準にとらわれない思想導く
○在宅勤務進めるには労働生産性の維持カギ
○働き方や生活様式を抜本的に変える好機に

東日本大震災直後、屋内外の照明やディスプレーが一斉に消え街全体が暗くなった。さらに今も、定期検査などで停止している原子力発電所の再稼働の見通しが立たないことが追い打ちをかけている。この夏は東京・東北電力管内だけではなく、関西をはじめとしてほぼ全国的に電力不足になる可…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]