サルトル的な発想 海老坂武さんに聞く
自ら選び参加、未来つかむ 生き続ける意志 大切

2011/5/28付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

生きる意味は自分でつくらないといけない

フランスの哲学者であり文学者であったサルトルは、2度にわたる世界大戦と戦後の冷戦、そしてベトナム戦争など人間が人間を迫害し、殺りくする20世紀という時代を生きた。絶望しそうな日々に、彼は「人間とは希望である」「未来である」といたるところで語っていたという。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]