/

この記事は会員限定です

「震災ボランティアは長期で」 木山啓子JEN事務局長に聞く

暮らしぶり 丁寧に聞いて

[有料会員限定]

被災地では今どんな支援が求められているか。国際緊急支援を手掛ける特定非営利活動法人(NPO法人)JENは、宮城県石巻市を中心に支援活動を行っている。木山啓子事務局長にニーズを聞いた。

――いま現地で必要とされるものは何か。

「汚泥とがれきの処理が急務だ。乾いて粉じんとなり舞い上がると健康被害が懸念される。JENでは汚泥除去に必要な長靴、厚手のゴム手袋、防じんマスクを送る手配をした。泥と水で畳1枚が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り897文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン