東日本大震災、美術・博物館が損壊 展覧会中止も相次ぐ

2011/3/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東日本大震災による美術・博物館の被災状況が明らかになってきた。福島県立美術館は彫刻作品の一部が転倒破損し、玄関の天井板がはく落。宮城県美術館も入り口部分などが損壊。所蔵品に被害はなかったが、再開のメドは立っていない。

水戸芸術館は展示室の天井石膏(せっこう)ボードが落下し、作品が一部損傷、パイプオルガンも数本のパイプが落下した。このほか茨城県近代美術館、茨城県陶芸美術館、千葉市美術館、国立歴史民…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]