/

この記事は会員限定です

少年立ち直りへ「訪問型」支援

再非行率 上昇に危機感

[有料会員限定]

非行を繰り返すなど問題を抱える少年少女に警察の側から接触して立ち直りを支援していく「訪問型」少年対策を、全国の警察が2011年春から実施する。家庭や地域で孤立感を抱く少年たちの潜在的な"支援需要"を掘り起こし、再非行を防ぐのが目的。出所者の再犯対策や、高齢者の犯罪抑止策を考える試金石としても注目される。

■  ■

警察は現在も全国で計約3千人の少年を継続して支援しているが、対象は少年の側から相談に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン