/

この記事は会員限定です

(下)疲弊する米、内向きの誘惑

[有料会員限定]

難しい国内事情は分かるが、それでも移設をやり遂げてほしい――。オバマ米大統領は11月、横浜で菅直人首相と会談した際、米軍普天間基地問題についてこんな思いを強くにじませたという。

オバマ政権は在日米軍経費の日本側負担(思いやり予算)でも、削減で動いていた菅政権に逆に「増額」を求めた。

「あの発言を機に米側の声音が変わった」。日本の政府高官は米側の対日姿勢が、2人の米議員の爆弾発言からより厳しくなった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1280文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン