/

この記事は会員限定です

(中) 熱帯びる時間争奪戦

民放「ネット流」に活路

[有料会員限定]

日本テレビ放送網の営業社員が今秋以降、外食チェーンや家電量販を頻繁に訪れている。テレビ広告の出稿依頼ではない。持ち掛けているのはクーポンサイトの活用だ。

販促費が収入源

12月中旬に開設するサイトは、ネット上でクーポンの購入希望者を募り、制限時間内に設定した人数に達すると売買が成立する仕組み。テレビ番組とも連動させて利用者の囲い込みを図る。クーポンの提供企業から成功報酬として受け取る「販促費」が収入源だ。

2008...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン