/

この記事は会員限定です

(上) BSが新たな主戦場

受像機普及で新旧激突

[有料会員限定]

BSデジタル放送開始から12月1日でちょうど10年。多様なチューナーを搭載した薄型テレビが家庭に広がり、多チャンネル放送の普及に拍車がかかってきた。視聴者の選択肢が広がった半面、放送会社は激しい視聴者争奪戦に突入。インターネットなど新メディアにも視聴時間を侵食されつつある。各社はこの試練にどう挑むのか。

地上波放送の不振、球団売却の挫折と逆境の続くTBSグループ。その中でひときわ目を引くのがBS放送...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1083文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン